カードローン申込についての質問

カードローン申し込みについての質問です。【最短で即日借り入れ】無担保借入カードローンランキングを参考にお答えします。

 

○複数の会社に申込を続けるのはよくありませんか?

審査に合格したいあまり、複数のカードローン会社に同時に申込を行う方もいらっしゃいます。
その結果、審査に不合格になるケースもよくあります。
それには、いくつかの理由が考えられます。

 

まず、借入額の上限の問題です。
現在のカードローンは、総量規制の制度下にあります。
総量規制とは、利用者の年収の3分の1を越える貸出を制限する法律です。
すでにある会社で借入を行っている方、申込の審査に合格している方は、その総額と自分の収入を比較してみましょう。
新規申込額を含めて、総借入額が年収の3分の1を上回っていないでしょうか。
その場合には、総量規制の対象となるカードローンの審査には合格することができなくなります。

 

また、個人信用情報の申込履歴にも問題があります。
カードローンは申込を行った段階で、申込履歴が個人信用情報に登録されます。
立て続けに申込を行っていると、その履歴を確認したカードローン会社に警戒心を抱かせてしまうのです。
「一気に借りて逃げ出すつもりなのでは」
「お金に困っているのでは」
このような見方をされてしまい、結果審査に合格できなくなります。

 

一般的には、1ヶ月の間に3社以上の申込履歴が確認されると審査が厳しいといわれています。
個人信用情報の申込履歴は、通常半年間記録されますので、最低でも半年待ってから申込を行うようにしましょう。
不用意に、続けて申込を行うことのないようにしたいものです。

 

○審査で行われる在籍確認の電話を防ぐことはできないの?

審査上では、申込者の勤務先状況は大きなポイントとなります。
安定した収入は、安定した勤務から生まれるもので、審査では申込時に申告された勤務先にきちんと勤めているのかどうかの確認が行われます。
これを「在籍確認」といい、審査担当者が勤務先に電話をかける方法で行われます。

 

担当者はカードローン会社を名乗ることはなく、個人名で電話をかけてきます。
わざわざ「申込の在籍確認です」ということもありません。
会社側にカードローンの利用をばれないように細心の注意をはらってくれます。

 

それでも、「何らかの拍子で会社側にばれてしまうのでは?」と不安に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
また最近では、見ず知らずの電話は取り次がない会社も出てきます。
在籍確認が取れなければ、審査に合格することも難しくなります。

 

このような方は、申込時に担当者に相談するようにしておきましょう。
収入証明書や在籍証、社員証などを確認することで、在籍確認を省略する場合もあります。
必ず、事前に話をしておくようにしましょう。

 

○就職してすぐに申込をしても審査に合格できますか?

働いて間もない期間は、意外とお金が必要になるものです。
そんなときカードローンで借入ができればありがたいことですが、はたして審査に合格できるものなのでしょうか。

 

就職してすぐの方でも、一応は申込を行うことはできます。
しかし、審査に合格することは難しいかもしれません。
就職してから間もない場合には、どうしてもすぐに辞めてしまう、というリスクがあるためです。

 

一般的には半年程度の勤続実績が、審査上では必要とされています。
仮に審査に合格できても、借入できる金額は低くなることを覚悟しておかなくてはいけません。

 

ただし、最近では新入社員向けのカードローンも登場しています。
やはり借入限度額は低めですが、金利も低めに設定されています。
就職して間もない方は、このような商品を利用してみてはいかがでしょうか。

 

○自営業です、カードローンの申込は可能でしょうか?

カードローンの利用は、自営業では不利である、とよくいわれます。
確かに、自営業だと毎月の収入が安定しておらず、その分審査も厳しく判断される傾向にあります。
しかし、その収入が安定していると判断されることで、十分審査に合格することも可能です。

 

自営業の方は、収入を確認する書類として、確定申告書を提出する必要があります。
合わせて、請求書や受注書などを準備して事業実態を説明できるようにしておきましょう。
それにより、収入に安定性があることを確認してもらうのです。

 

また、最近では自営業者専用のカードローンも登場しています。
一般のカードローンの資金使途は「事業性資金を除く」となってますが、自営業者専用カードローンでは、事業資金にも利用できる内容となっています。
資金繰りがひっ迫した場合、生活費が不足した場合にも、借入できますので自営業者にとっては魅力のある商品であるといえるでしょう。
またこのような商品は、総量規制対象外ですので多くの借入も行うことができます。
ただし、あくまで「安定した収入」が前提になりますので審査を受ける体制を準備しておきましょう。

 

○携帯電話しか持っていませんが、申込はできますか?

最近では携帯電話の普及と合わせて、固定電話を持たない方も増えてきています。
確かに固定電話があれば、「住居環境が安定している」「NTT回線利用料をきちんと支払っている」として、審査では安心感をあたえます。
しかし、固定電話を持たず携帯電話だけだからといって、それほどの影響はありません。

 

携帯電話であれば、基本的にいつでも連絡がとれるとみなしてくれます。
そのかわり、会社から連絡があればすぐに出るように心がけましょう。
家族や親せきの連絡先を聞かれることもありますが、これは万が一に備えた対応でしょう。
延滞などの事故を起こさない限り、直接連絡がいくことはまずありません。

 

借入途中に携帯会社や電話番号、メールアドレスを変更した場合には、必ず速やかにカードローン会社に伝えるようにしましょう。
突然連絡不通になってしまうと、カードローン会社側の印象も悪くなってしまいます。
その場合、止むなく家族や勤務先に連絡をせざるを得なくなってしまいます。
携帯電話しか連絡手段がない方は、特に注意しておくようにしましょう。

 

○専業主婦で家族にばれないでカードローンの利用は可能ですか?

専業主婦といっても、まとまったお金が必要になることがあります。
近所つきあいや、急な冠婚葬祭にお金が必要になった場合、カードローンの利用はできるのでしょうか。

 

専業主婦には収入がありません。
利用者の年収の3分の1を越える貸出を規制する「総量規制」ですが、そもそも収入がなけけば比較しようもありません。
その為に、総量規制対象外のカードローンを選択することが絶対条件になってきます。

 

銀行系のカードローンであれば総量規制の対象外です。
実際、専業主婦でも申込可能のカードローン商品も存在しています。
ただし、利用には配偶者(夫)の収入を証明する必要があります。

 

夫の収入証明書の提出に合わせて、夫の同意を得ることも条件となる場合があります。
このような場合には「内緒で」借りることはできません。
また、夫の同意が不要の場合でも借りることのできる金額はさほど大きくはないでしょう。

 

万が一、ばれてしまうと家庭不和にもつながります。
できればきちんと相談した上で、家族の理解を得ておきたいものです。

 

○年金暮らしですが、カードローンの申込は可能でしょうか?

年金生活者でも、まとまったお金が必要になる場合があります。
高齢者のカードローンの申込は可能なのでしょうか。

 

まずは、その年齢が問題になってきます。
多くの会社は、年齢制限に「69歳以下」という条件を付けています。
高齢者の場合は、どうしても亡くなるリスクがあります。
失礼ながら、利用中に亡くなられると、後々の手続きが非常に手間のかかるものになってしまうのです。
既に利用されている方でも、この条件の年齢になると、新たな借入ができなくなってしまいます。

 

年齢が申込条件をクリアーしている場合には、カードローンの申込も可能です。
ただし年金収入のみの方では、審査も難しくなるでしょう。
そもそも年金は、高齢者の生活のために必要な収入なのです。
年金のみをカードローンの返済原資にあてることには、無理があると判断されてしまいます。

 

最近では60歳を過ぎても、きちんと働いている方も多くなっています。
年金以外の収入が安定していると判断されると、審査に合格することも十分可能です。
ただし、あくまで借入ですので計画性が大切になってきます。
高齢になると、なかなか仕事を増やすことも難しいでしょう。
収入の範囲内で十分に、短期間に返済できるような借入を心がけましょう。

 

○毎月の収入にばらつきがある場合、カードローンの申込はできますか?

カードローンの収入確認は、通常「年収」ベースで行います。
毎月の収入の変動が大きくても、「年収」が安定していれば十分審査に合格することができます。
ただし、仕事内容が不安定な状況、定職についていない、歩合制の仕事(運送業)などのケースでは、毎月の収入の確認が行われる場合もあります。

 

毎月の収入にばらつきがある場合、一つの目安としては、「3ヶ月間のうちの最低収入×12ヶ月」として年収を判断されることもあります。
この場合、借りることのできる金額も少なくなってしまいますので注意が必要です。

 

安定していない仕事の場合は、むしろ収入よりも職種が問題となることがあります。
その場合、毎月の給与明細などを提出する必要があります。
また副業を行っていたり、アルバイトを掛け持ちしていたりする方は、それぞれの収入を合算してみてもらう必要があります。
書類を求められる前に、事前準備をきちんと行っておくようにしましょう。

 

○一度断られた場合、カードローンを申込むことはできますか?

通常、カードローンの審査に不合格になった場合、その理由は公表されません。
なぜだめだったのか知ることができずに、不安に感じる方も多いのではないでしょうか。
しかし、それには自分自身に何か問題があるはずです。

 

他社の借入状況、過去の返済状況、収入状況などを再度確認するようにしましょう。
その状況によっては、申込内容を変更するなどで再度審査を受けることも可能になりまs。

 

例えば、収入が不足している場合には申込金額を少なくするなどの方法が考えられます。
またカードローン会社を変更してみることも、一つの方法でしょう。
会社ごとに審査基準が異なりますので、別会社にチャレンジすることも選択肢として考えられます。

 

ただし、状況を変化させることなく申込んでもあまりよい結果は期待できません。
「パートから正社員になった」
「収入が上がった」
「他社の借入を完済した」
このような自分の状況を変化させなければ、同じ結果になってしまいます。
自分が審査に合格できなかった問題点をきちんと把握して、解決するようにしましょう。